プロフィール

すみ

Author:すみ
小学2年生のクリと幼稚園年中さんのダーの子育て中、専業主婦ママ。毎日二人に振り回されてます(^^ゞ→更に詳細はコチラ

カテゴリー
最近の記事+コメント
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
★お気に入りのブログ
★ブログ内の検索
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
よこはま動物園 ズーラシア
6日の夜、私の実家から主人の実家へ移動し、翌7日は義父母と一緒に神奈川県横浜市旭区にあるよこはま動物園 ズーラシアに遊びに行きました。
クリがパパの夏休み中に白熊(ホッキョクグマ)を見たいと言っていたので、ネットで検索してみたら、主人の実家から比較的近いここにいることがわかり、また、まだみんな行ったことがないということもあり、でかけてみました。


駐車場から入園ゲートに向かって歩いていくと、植栽がクマなど動物の形に可愛らしく刈り込んであり、入園前から『動物園に来た!』、というワクワク感をあおってくれます。

入ってすぐに迎えてくれたのは3頭のインドゾウ。朝の食事タイムなのか、草をほおばっていました。ズーラシアは世界の気候帯別にゾーンが分けてあり、最初はアジアの熱帯林。暑い気候にすむ動物たちも昼間はあまり活動しないようで、スマトラトラなどいくつかの動物たちは飼育舎内に隠れているのか姿が見えませんでした。

ところでズーラシアは、小さな子どもにも優しいつくりで、感心しました。通常、柵に背が届かない子どもは大人が抱っこして柵の上から動物を見せてやらねばなりませんが、柵の一部が途切れて2m程度、透明なアクリル板のようなものになっており、小さな子もそこから動物を見ることができるのです。また、柵だけでなく、一部小屋のようになったところではガラス越しに動物を見られる箇所もあり、そういうところは屋根つきで涼しく、暑い日にはありがたい設備でした。

亜寒帯の森では、水槽の中をガラス越しに見られるものが多く、フンボルトペンギンは、ガラスにしおりをあてて軽くたたいて呼ぶと、「なになに?お魚?食べ物?」とでも言いたげに泳いで寄ってきてくれるので、クリもダーも間近で見られて大喜びでした。
ペンギンを見るダー

そして、クリの見たがっていたホッキョクグマ。これはペンギンと同じようにガラス越しでも見られるし、外階段を登って水槽の上からも見ることができるようになっていました。ちょうど食事時だったのか、ガラスのすぐ前の水底に沈んだ魚を取りにもぐって口にくわえる様子を何度も繰り返し見ることができました。そばで見ると、その体の大きいこと!2.5~3mほどもある巨体で器用に泳いでいました。
ホッキョクグマ

その後、中央アジアの高地ゾーンでは、孫悟空のモデルと言われるキンシコウが、我々が近寄ると同時にガラスの近くに移動して来てくれて、ダーは「きたっ、きたっ!」と大興奮。日本の山里ゾーンでは、飼育員さんが立っていて、コウノトリとクロヅルの卵の標本を触らせてくれました。コウノトリもクロヅルも110cmくらいでクリよりも背が高いのに、卵は鶏の卵より一回り大きいくらい。雛はあっという間に大きく成長するそうです。クロヅルの卵の方が少し大きくて、緑がかった色でした。

コウノトリを見て思い出したのですが、クリが産まれたとき顔に小さなサーモンパッチ(赤いあざ)があり、産婦人科の先生に「首の後ろにある子などは、ヨーロッパではコウノトリのくちばしの跡、なんて言うんだよ」なんて話を聞いたのを思い出し、クリに「コウノトリは赤ちゃんを運んで来るんだよ、クリも運んできてもらったんだよ、クリにはそのときのくちばしの跡があったんだよ」と話をしましたが、「えー、うそだあ!ママのおなかから産まれたんだよ~」と信じてもらえませんでした(^^ゞ (ちなみにクリのサーモンパッチはいつの間にか消えました。)

更に進んでいくと、わくわく広場にある大きな遊具が見えてきました。入り口からずっと歩いてきて「抱っこして~」なんて言い始めていたクリですが、疲れが吹き飛んだ様子で、アスレチックに向かって走って行きました。

クリがひとしきり遊び、親たちはひと休みした後、最後のひとふんばり、と重い腰を上げて、アフリカの熱帯雨林ゾーンへ。目的は4大珍獣のひとつ、オカピ。

私の実家にいるとき、明日はズーラシアへ行く、と父に話したら、「あそこには珍しいのがいるだろ、足がシマウマみたいな模様で、体は鹿みたいなヤツ、なんていったっけなあ、名前が出てこないなあ」と言っていて、へえ~そんなのがいるんだあ、と知らずにやって来て、しおりを見て、ああ、父が言っていたのは『オカピ』ね、と知ったのでした。

さて、実際に見てみると、本当に不思議な動物です。たしかにお尻と足はシマウマそっくり。でも体は茶色で馬か鹿のよう。しかし、キリン科なのだそうです。可愛い顔をしていて、オスには確かにキリンと同じような2本の短い角がありました。
オカピ

暑い中での見学でしたし、昼食は退園後にとる予定だったので、比較的急ぎ足で見てまわりましたが、見学者もあまり多くなく、しっかり動物達を見ることができました。夏真っ盛りなので動物達もぐったりしているだろうな、と思って行ったのですが、悪く想像しすぎていたようで、これだけ動いている姿を見られれば十分、と感じました。クリも見たがっていた白熊をじっくり見ることができて喜んでいましたし、ダーもガラス越しにすぐ近くで動物を見られたときには歓声をあげて喜んでいたので、連れて行ってよかったと満足できました。お付き合いいただいたお義父様、お義母様、ありがとうございました!
にほんブログ村 子育てブログへ子供服・子育てブログランキング
子連れでレジャー | 【2006-08-10(Thu) 22:02:10】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
コメント

実家に行かれてたんですね~
ズーラシア・・良い所ですよね~
入場料も安いし!一度旦那と付き合ってる
時に行ったことがあって娘を連れて行って
あげたいのですが・・車のない今の生活じゃ
ちょっと遠いんですよね・・あそこって
どうしても車じゃないと不便でしょ?

でも暑くなかったですか??私達が行った
のも夏だったのでレストハウスでクーラー
の前でひたすら涼んでました!!
ご実家のお義父母様たちもお孫さんと
一緒で楽しかったでしょうね・・
2006-08-10 木 22:31:56 | URL | なっきー #vwlF4JwA [ 編集]

▼なっきーさん

そうですね、バスターミナルがあり、路線バスも何台か見ましたが、車で来ている方が多かったようです。我々も車でした。
暑かったですよー。
途中、休憩所に入ったらクーラーが涼しくて出たくなかったです。
そこには、ダチョウの卵の模型がたくさん置いてあって、クリもダーも触って遊んでいました♪
2006-08-11 金 23:02:07 | URL | すみ #- [ 編集]

ズーラシア、いいなぁ~~
いつも行こう行こうと言いつつ、行った事が
ないのです。。。
暑い時期の動物園は動物がだれてると
聞いてたけど楽しめたようですね♪

おじいちゃん、おばあちゃんも一緒で
楽しかったですね☆
2006-08-12 土 09:35:25 | URL | masako #- [ 編集]

▼masakoさん

何年も前になりますが、GWに主人と出かけた折に、ふと思いついてズーラシアへ行ってみよう、と向かったのですが、途中から大渋滞になり、これじゃいつ入れるかわからない、と諦めたことがありました。
やっと行けて大満足です(^^♪
2006-08-12 土 21:28:38 | URL | すみ #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

★ブログランキング---今日は何位?

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村
応援ありがとう!今日は何位かな?
★ネット内職のサイト紹介
私が登録している無料のネット内職のサイトです。


ECナビはポイントゲットしやすくてオススメ。

★ブログ・ルポ
アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。