プロフィール

すみ

Author:すみ
小学2年生のクリと幼稚園年中さんのダーの子育て中、専業主婦ママ。毎日二人に振り回されてます(^^ゞ→更に詳細はコチラ

カテゴリー
最近の記事+コメント
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
★お気に入りのブログ
★ブログ内の検索
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
5歳児が知っている「うった」とは?
クリはまだまだ知っている語彙が少なく、こちらが知っているものと思って何気なく話している中にも知らない言葉がまぎれているようで、そのたびに、「××って何?」ときかれるので、ああこんな言葉も知らなかったのか、と気づかされ、その場で説明するようにしています。
最近だと、「ちょっかいを出す」とか「賛成」とか言った時に、「それなあに?」ときかれ、解説しました。
そんなクリの語彙不足のために、大爆笑してしまった出来事があったので、紹介します。


パパの方の実家は3年ほど前に、引越しをしたのですが、今日の夕食時に「じいじとばあばが前に住んでいたおうちを覚えてる?」なんて話題が出ました。

「じいじとばあば、引越ししたの?」
「そうだよ、前のおうちを売って、今のところに引越ししたんだよ。」
「なんで引越ししたの?」
「うーん、前のところより今のところの方が好きになったんじゃない?」
「それで、バキューンバキューンしたの?」
「ん?バキューンバキューン?何の話?」
「だって、ママがそう言ったじゃん」
「え?ママ、そんなこと言った?」
「うん、言ったよ。おうちを『うった』んでしょ?」

「撃った」じゃないよ~!「売った」だよ~!!!

まあ、ボウケンジャー好きのクリが知っている「うった」は「撃った」の方ですよね~。
今日もサバイバスター(銃型のボウケンジャーの武器)で遊んでいたし・・・。

大爆笑の後、パパと二人して「売る」の意味を説明しました。

にほんブログ村 子育てブログへ子供服・子育てブログランキング
クリの成長記録 | 【2006-06-28(Wed) 22:40:21】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
コメント

売った=撃った確かに意味を理解しなけりゃ
勘違いしちゃうけど・・そこで先に
「バキューンバキューン」って言葉が出て
きたら笑っちゃうね~子供ってそういう部分
で勘違いしてる事ってまだ他にもあるんで
しょうね~ 親としてはちゃんと説明できる言葉ならいいけど説明しにくい言葉が出て
きたら・・ややこしくなりそうだな~
2006-06-29 木 10:00:15 | URL | なっきー #vwlF4JwA [ 編集]

はじめまして^^かわいいですね~~なんかほのぼのしたしつもんで・・これからもあそびにきますね~~応援・・ぽちっ
2006-06-29 木 19:45:17 | URL | lan2 #- [ 編集]

おもしろーい^ 0 ^
ほんとそうだよね。売ったと撃ったって一緒だー。思いもつかないわ!
子供ってほんとおもしろい。kanaにこの前「思いやりってなに?」って聞かれましたよ。
2006-06-29 木 21:57:42 | URL | ぽいめい #- [ 編集]

▼なっきーさん

そうなんです。
物の名前なんかは説明しやすいけど、抽象的な概念は説明しにくいですね。
なんとかクリの知っている範囲のことばで説明しようと思うんだけど、説明の中にまたクリの知らないことばが入ってしまったりして・・・(~_~;)


▼lan2さん

ようこそ!
応援ありがとうございました。
ぜひまたいらしてくださいね。


▼ぽいめいさん
「思いやり」ですか~。
どういう風に教えたの?
私ならなんらかのシチュエーションを設定して教えるかなあ・・・?
2006-06-29 木 22:42:55 | URL | すみ #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

★ブログランキング---今日は何位?

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村
応援ありがとう!今日は何位かな?
★ネット内職のサイト紹介
私が登録している無料のネット内職のサイトです。


ECナビはポイントゲットしやすくてオススメ。

★ブログ・ルポ
アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。